バーガンディーのレザーチェア

皆様こんにちは!

3連休も終わりましたが、連休中にプールや川等で夏を満喫された方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^)

次ぎの休みは川にでも遊びに行こうかな♪と密かに計画中です( ..)φ

 

アンティークシュエットですが、今月に入ってから既に3回倉庫と店内商品を一部入れ替えてます。

少しずつでも雰囲気を変える事により、リピーターのお客様が新鮮な感覚で店内をお楽しみ頂けますと幸いです。

入れ替えにより再び店頭に戻ってきた商品がバーガンディーのレザーチェアです。

4脚ありましたが気がつくと残り1脚だけになっていました。

座り心地、存在感、コンディションのどれを見ても満足のチェアです。

S__19103771

 

 

 

 

 

 

 

年代こそはまだまだ若いという印象もあるかと思いますがそれでも製作されてから70年近く経過している椅子に見えますでしょうか?

1950年頃に英国で製作されたレザーチェア。

材質は現地でも人気で、日本でも馴染みのある木材で人気のオーク材が使用されています。

 

レザーを固定する為に打ち込まれている鋲は単鋲になります。鋲にも色々な種類がありますが、大きさは標準の大きさなので、エレガントですが目立っているという印象は無い様に感じます。又、単鋲は下手な職人だと真っすぐのラインが作れません。慣れていないとガタガタになるそうです。

 

S__19103787

 

 

 

 

 

 

 

革の種類は牛になります。白い筋は生きていた時に表面についた傷であったりと、二つとないその革の個性を堪能して頂けます。バーガンディーの色をつける作業も手が込んでいます。赤く染めた革に黒色を入れていきます。それから拭き取ることにより、染み込んだ部分だけが黒く残り、美しいグラデーションになります。

 

S__19103774

 

 

 

 

 

 

 

暑い中、徒歩や自転車でもご来店頂き有難うございます。

熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

店舗横には駐車場もございますので、お車でもお気軽にご来店いただけます(^^)/

 

 

Leave a Reply