インレイドキャビネット

皆様こんにちは!

今回はシングルキャビネットをご紹介したいと思います。

先ずは上部からご覧ください♪

08140211_5990884ac913a

家具全体に象嵌技法が施されており、象嵌の箇所は遠目から見ても目立ちます。
象嵌技法は木材を埋め込んで作られます。時代とともに剥がれてしまう箇所もあったり、再塗装を行うと家具本体と同じような色のトーンになりますので、再塗装が難しく、元々のコンディションが重要です。端っこ部分も注目してほしいです。直線状の色が違うところも細く、目立ちにくいですが、実はストリンギングという象嵌技法の一種が用いられています。

08140214_599088ed794db

扉の上部に色付きの花柄の部分は象嵌ではなくペイントによるデザインです。

実際に見ても象嵌、ペイントの違いは中々見分けにくい物も多く、じっくり見てどっちなのかを当ててみるのも面白いですよ♪

 

上部だけで長くなってしまいました。。

下部、全体像は次回ご紹介します!

とても気に入っているキャビネットです。下部の象嵌も綺麗なので、是非楽しみにしていてください♪

Leave a Reply